cf552e81-s

 

度重なる事務所の注意を無視し、
副業や普段の素行の悪さなどから
ジャニーズとの専属契約を解除された田中聖。

彼が抜けて所属するグループKAT-TUN(カトゥーン)
はどうなってしまうのか?

 

スポンサードリンク

KAT-TUNとはメンバーの名前の頭文字をとってつけられた
グループ名なんです。

 

normal_kat-tun-kabe5

人気順で付けられたのかとよく言われますが、
そうではないんです。

 

漫画のcartoonや勝運なんて意味も込められてつけられて
いますが、やっぱりメンバーの頭文字をというところが
一番ひっかかりますよね。

 

結成当時  (写真 左 → 右 の順番)

K  亀梨和也  (かめなし かずや)

A  赤西仁   (あかにし じん)  → 2010年に脱退

T  田口淳之介 (たぐち じゅんのすけ)

T  田中聖   (たなか こうき)  → 今回脱退

U  上田竜也  (うえだ たつや)

N  中丸雄一  (なかまる ゆういち)

 

このようだったのですが、2010年に赤西仁が脱退したときに
Aのところは亀梨がKAとなりました。

 

赤西脱退時

KA  亀梨和也  (かめなし かずや)

T  田口淳之介 (たぐち じゅんのすけ)

T  田中聖   (たなか こうき)  → 今回脱退

U  上田竜也  (うえだ たつや)

N  中丸雄一  (なかまる ゆういち)

 

それで今回の田中聖の脱退でどうなるの?

 

KAT-TUN から 後ろのTがとれると KAT-UN になり
「かつん」もしくは「カツン」になってしまうのでしょうかね。

 

そうなってしまうと最初の頃の名前がつけた思いが
なくなってしまうということにもなってしまいますね。

 

いまは脱退騒動でそれどころではないと思いますので
ファンからの声をききながらジャニーズ側は
決めていくんでしょうかね。

 

そんなこともなく Tの田口淳之介を2人分にしてしまえば

いいのですかね。 KATTUNの部分ですね。

 

名前がた行だったら簡単に解決だったのですが、

なかなかうまくはいかないですね^^

 

ツアーは延期に延期でいつのことになるか

わからないみたいですね。

 

それぞれがピンで活躍していますしね。

 

赤西と田中の脱退の違い

 

今回で2人目の脱退となってしまったKAT-TUNですが、
赤西と田中は全く意味合いが違いますね。

 

赤西の脱退は自分のやりたいことのためです。

メンバーの中で一番音楽に対してのこだわりが
強かったんですね。

 

グループで音楽番組にでれば口パクになったり、
自分の理想を求めるとメンバーに迷惑がかかる
といった理由で脱退。

 

またジャニー喜多川に気に入られているので
その後、全米への挑戦のバックアップとなったんですね。

 

その後、黒木メイサとデキ婚になってさすがの
ジャニー喜多川もおかんむりになってしまうのですが、
まあそれは脱退後のことなんでおいといて・・・

090319_04

嫁の黒木メイサ

綺麗すぎますね(笑)

 

で今回の田中の脱退はいわゆるジャニーズ側と喧嘩別れ
みたいなものです。

 

ジャニーズは副業を禁止しています。

田中はにバーの経営をしてしまいました。

プラス自身でライブやグッズの販売といった

本来ジャニーズ事務所が独占的にできる分野にも

手を出してしまったんですね。

 

これに対してメンバーもやりすぎだからやめろと
再三の注意をしたのですが、やめなかったんですね。

 

これに加えて普段の素行の悪さも問題となって
いました。

もうアイドルとしては逸脱し過ぎています。

 

これがAKBだったらとっくに干されているというレベルでしょうね。

 

でも、そんな悪い男が好きというファンもいます。
だから田中がグループに残ってしたんでしょう。

 

もともとKAT-TUNは10代の結成されたころはやんちゃな奴を
集めたグループだったんです。

 

 

作詞スガシカオ作曲松本孝弘という大物ぶりです。

この曲聞いたことありますよね。
ジャニーズらしからぬ雰囲気をもっています。

 

10代の頃、やんちゃでも大人になるに連れて成長して
いくじゃないですか?

 

でも成長しないでず~と反抗期の人もいるのが世の中です。

彼はまだまだ反抗期なんだと思います。

 

他のメンバーが、キャスターとして俳優として舞台などと
大人の階段を登って活躍しているなかで、違いすぎると
判断されたのかもしれませんね。

 

メンバーの田口淳之介は私のイチオシドラマ
リーガルハイに前作からでていますよ。

ちょっとマヌケな役ですが・・・

→ 新・リーガルハイ第1話のおもしろさはこちら