5fabf6bc21d15c25ba5726a715abaea73eb6e5f4.77.1.12.2
第1話から人気ドラマの貫禄を見せつけるリーガルハイ
ですが、こちらは原作ってあるのでしょうか?

半沢直樹は原作があってそこから脚本になって
ドラマがつくられましたね。

 

スポンサードリンク

リーガルハイは原作は存在しません。
前作から脚本のみで作られています。

 

脚本家は古沢良太さんです。

20130930-00000328-oric-000-1-view

 

めちゃイケメンなのでびっくりしました。

古沢さんの代表作であり、出世作は『キサラギ』です。

 

もうひとつ有名になったものに、
『ALWAYS 三丁目の夕日』がありますが、
こちらは監督の山崎氏と共作になりますので
単独の脚本としては『キサラギ』になります。

 

他には人気ドラマシリーズ『相棒』シリーズも
幾つかてがています。

 

Season4から11まで参加しています。
こちらは全部というわけではなくて、
放送回ごとですね。

 

古沢良太さんはもともと漫画家志望だったことも
あってイラストを書くのがとても上手です。
kosawairasuto
こんな感じで、頭のなかのものをイラストにしてから脚本
に仕上げていくこともあるみたいです。

 

人付き合いが苦手でみんなでワイワイして楽しむ
ということがなかなかできないタイプと
おっしゃっていました。
打ち上げの時1本締めを頼まれて、
「なんだ1本締めって」
と言い、やったことがないと断る姿が
本当に苦手なんだなと感じましたね。

 

脚本って何?どうやってつくられるの

 

脚本とは簡単にいうと台本のことです。
いつ、どこで、だれが、~~するということを
文章で表したものです。

 

柱書き、ト書き、セリフで構成されています。

 

柱書きとはそのシーンがどこでいつなのかを
示してしるのではじめに書かれています。

 

ト書きは役者がセリフを言う際に○○しながら
とか動作を付け加える描写のことです。

 

セリフは実際に話す会話のことですね。

 

    自分の部屋で

ト書き  彼女の目を見つめて、そっと微笑みながら

セリフ 「好きすぎてなんといっていいかわかないけど・・好きだよ!」

 

(〃∇〃)(〃∇〃)(〃∇〃)
とこんなことを一人で妄想しながら書いていくんですね。

 

では古沢良太さんはどうやって仕事しているのでしょうか?
都内で事務所を借りてそこでパソコンに向かって
書いています。

 

部屋はワンルームっぽいところに、
机、ソファーを置いて
音楽は大好きな沢田研二をかけながら
書いています。

 

そしてすぐに椅子からたちがって部屋の中をウロウロします。

 

身振り手振りを加えて思いついたら書く!

 

一文かいたあとのエンターキーの推し方が
「バシッ」って強力だったのが印象的でした。

 

きっとよっしゃ~~って意味を込められているのかな!?

 

そうやって脚本を作っている姿をみるとまたドラマの
見方が違ってきますね。

 

この長いセリフはそうやって作られているんですね。
堺さんの演技も圧巻ですが、
これを書いた古沢良太さんには脱帽します。

 

 

古沢良太さんが書いているリーガルハイ第1話のおもしろパロディーはこちら

ユーモアのセンスにやっぱり脱帽しますよ!

 

ほかにおもしろい弁護士ドラマはないの?

 

弁護士のくずというドラマがあります。

これは人間のくずという言葉にかけられています。

 

人間のくずと言われる弁護士 九頭元人(くず もとひと)
が弁護士でそれやったもいいの?っていうくらいの
やり方で解決していくストーリーです。

 

非道徳なやりかたで違反をやっていく、
手段を選ばないが事件の背景や本質をついていく
優れた弁護士でもあります。

 

その九頭を演じるのが豊川悦司です。

 

リーガルハイの古美門に似ていますから
リーガルハイがおもしろいと思った方なら
楽しめると思いますよ。

 

ドラマでみるのもいいですし、こちら原作がありますから
漫画と文章で読んでみるのも面白いですね。

【送料無料】弁護士のくず(1) [ 井浦秀夫 ]

【送料無料】弁護士のくず(1) [ 井浦秀夫 ]
価格:530円(税込、送料込)